Smamonの使い方
すでにWi-SUN方式のBルートが使用可能な低圧用スマートメーターがあることが前提となります。
全体の流れは以下のようになります。

1.Wi-SUNアダプタのセットアップ
  - ドライバのインストール
  - Wi-SUNアダプタをPCに接続

2.Smamonの起動と設定
  - Bルート接続設定
  - データ保存設定
  - 各種設定

3.Bルート通信スタート


1.Wi-SUNアダプタのセットアップ
まず、Smamonの動作確認済みWi-SUNアダプタを入手します。
直接PCに接続できるUSBドングルタイプをお勧めします。
直接PCに接続できないアダプタの場合は、PCとシリアル(仮想COMポート)接続できるようにする必要があります。

Wi-SUNアダプタが入手できたら、PCにドライバソフトをインストールします。
USBドングルタイプの動作確認済みWi-SUNアダプタは、FTDIの仮想COMポートドライバを使用します。
Windowsの32bit用又は64bit用を、使用するPCのOSに合わせてダウンロードしてインストールしてください。

ドライバのインストールが完了したら、PCにWi-SUNアダプタを接続して、デバイスマネージャーに"USB Serial Port"が追加されていることを確認しておきます。


元々PCに搭載されているCOMポートと間違えないようにします。
(上のキャプチャ画像では、COM1はPCに元々あるCOMポートで、COM3がWi-SUNアダプタの仮想COMポートです。)


2.Smamonの起動と設定
Smamon.exeを起動すると、このような状態になります。
(以下はバージョン0.30の画面です)

(注)インターネット等から取得したexeファイルの場合、セキュリティの警告(発行元を確認できません、PCが保護されました等)が表示される場合がありますが、その場合は「実行」ボタンを押してください。(Windows8.1/10では詳細情報の中に実行ボタンがあります)



最初に各設定を行います。

【Bルート接続設定】



「Bルート通信デバイス」
使用するWi-SUNアダプタを選択します。

「デバイス接続ポート」
Wi-SUNアダプタの仮想COMポートを選択します。
(注)PCに接続されていないWi-SUNアダプタは表示されません。

「Bルート認証ID」
Bルートの認証IDを4桁ずつ正確に入力します。

「Bルート認証パスワード」
Bルートの認証パスワードを正確に入力します。(スペース等は入れずに連続して入力)


【データ保存設定】



「データファイル保存フォルダ」
スマートメーターから取得したデータを保存するフォルダを設定します。

「フォルダ設定消去」を押してフォルダ名を消去すると、データの保存は行われなくなります。

「データファイルをFTPで送信する」
データをFTPでインターネット上のサーバーに保存する場合はチェックを入れて、各項目を設定します。
「テストファイル送信」ボタンを押すと、設定したサーバーにFTPでテストファイルを送信します。

「毎分データ送信頻度」
データファイルをFTPで送信する時の最短の間隔を設定します。
通信量とネットワーク・サーバーへの負荷を考慮して設定してください。

「ログデータ」
Smamonのウインドウ左下の状態表示の内容をログデータとして保存、FTP送信する場合はチェックします。


【各種設定】



「アプリ起動時自動的にスタートする」
Smamon起動時、Bルート通信を自動的に開始させる場合はチェックをいれます。

「PCを毎日1回自動的に再起動する」
Smamonを常時稼働させる場合などで、PCを定時リブートさせる場合は、チェックして時刻を設定します。
その場合はSmamonをWindowsのスタートアップに登録し、「アプリ起動時自動的にスタートする」も合わせてチェックする必要があります。

「万一COMポートがフリーズしたらPCを再起動する」
遠隔監視のようなエラーメッセージに対応できない使い方をする場合はチェックを入れておきます。

「全ての設定を削除する」
Smamonの全ての設定を削除して初期状態にする場合に使用します。


3.Bルート通信スタート
「スタート」ボタンを押すと、Bルートの接続を開始します。



Bルートの接続が完了し、定常通信が始まると、スマートメーターの計測値が表示されるようになります。



データの保存とFTP送信を設定した場合は、それらも同時に開始されます。

「ストップ」ボタンを押すと、Smamonの動作が停止します。

一度設定が完了した後は、設定内容に変更がない限り、Smamonを起動して「スタート」ボタンを押せば、Bルートの通信が始まります。


(注)Smamonが保存するデータに記録される時刻は、1分毎データはPCの時刻で、30分毎及びDailyデータはスマートメーターの時刻になっています。
データ間のずれを小さくするため、PCの時計は正確に設定しておいてください。


過去の電力量データの取得(バージョン0.30以降)
スマートメーターに保存されている積算電力量の履歴データを取得することができます。

Smamonをスタートして電力量が表示されている状態の時に、「過去データ」の所で履歴を取得する日(1日前〜99日前)を設定して、「履歴取得」ボタンを押すと、履歴データの取得が開始されます。
取得が完了すると、履歴データが一覧表示されます。



データの保存先が設定されている場合は、取得と同時にデータが保存されます。
また、データのFTP送信が設定されている場合は、ファイルがFTP送信されます。
通信エラー等により履歴データの取得が完了しない場合は、再度「履歴取得」ボタンを押してください。


保存した電力量データの表示(バージョン0.30以降)
PCに保存されている積算電力量のデータを表示することができます。

「過去データ」の所で表示する日(0日前〜99日前)を設定して、「保存データ」ボタンを押すと、保存されている電力量が一覧表示されます。



データが保存されていない場合は -- の表示になります。
「FTP」ボタンを押すと、設定した日のデータファイルがFTP送信されます。


Smamonのアンインストール
SmamonのソフトをPCから削除する場合は、各種設定の「全ての設定を削除する」で設定した内容を全て削除し、そのまま「アプリ終了」ボタンでSmamonを終了した後、Smamon.exeを削除してください。


Smamonの裏機能(バージョン0.30以降)
こちらをご覧ください